孤独死の告知義務は?事故物件になるの?家売却時の注意点

孤独死の告知義務は?事故物件になるの?家売却時の注意点

孤独死,孤立死,告知義務,心理的瑕疵

 

近年、一人暮らしの人が人知れず亡くなるということが増えています。

 

 

高齢者のみならず、若い世代でも孤独死とみられるケースが多く起こっています。

 

 

 

 

住人がいなくなった家を、ご遺族が使用されない場合は、家を売りに出すケースも多いでしょう。

 

 

孤独死があった家を売却するときの告知義務、それを買い主に伝える必要があるのかどうか、考えてみましょう。

 

 

孤独死の定義は難しく、法的には明確な定義はありません。

 

 

通常、独居者、ひとり暮らしの突然死は孤独死には含まれないとされます。

 

 

しかし、突然死する直前の心肺停止段階の場合は、適切な救急救命医療によって命が救われる可能性もある以上、場合によっては孤独死に含まれるケースもあると考えられるようです。

 

 

死に至った状況がはっきりしない場合、判断が難しいところです。

 

 

同義語として単独死独居死という言葉もみかけますが、ほぼ同じ意味と捉えてよいのではないでしょうか。

 

 

孤立死という言葉もありますが、孤立死は、独り暮らしではなく家族暮らしであっても、社会的に孤立している状態で、周囲の人に気付かれないまま死んでしまい、長期間経った場合に用いられるようです。

 

 

いずれも、周囲から見るととても寂しく思える死です。

 

 

 

 

孤独死があったことを伝えるべきか

 

孤独死とは、主に一人暮らしの人が、誰にも看取られることなく、自分の家などで、生活中の突発的な疾病などで亡くなることをいいます。

 

 

特に重篤化しても助けを呼べずに亡くなっていることが多いです。

 

 

孤独死については定義が曖昧ですので、孤独死の告知に関しても明確な基準はなく、グレーゾーンというものが存在しているのが現状です。

 

 

 

孤独死が事故物件として扱われることもある
  • 長期間見つけられることがなく状態が悪い場合
  • 自殺が疑われる

などは、事故物件として扱われることがあります。

 

 

孤独死に当てはまるかどうかの判断は難しいですが、仮に孤独死であったとしても、死後日数が経ちすぎている、自殺が疑われる、等の特殊な状態の孤独死でなければ、「事故物件」扱いにはならないと考えられます。

 

 

自殺殺人などの事件性がなく、一般的に考えて心理的瑕疵と判断されるものでなければ、「重要事項説明書」に載せる必要はない、義務はない、と考えられます。

 

 

逆に、自殺や殺人などの事件性があり、死後長期間見つけられることがなく、状態が悪い場合などで心理的瑕疵物件と考えられる場合は、告知義務が発生します。

 

 

 

>>>心理的瑕疵物件(事故物件)の売却方法、相場、告知は必要?

 

 

 

買主には、引き渡し後、何らかの形で耳に入ってしまうものです。

 

 

孤独死が合った物件の購入者が、「その経緯を知っていたら絶対に買わなかった」としてのちのちトラブルになる可能性はあります。

 

 

それを考えると、きちんと話しておくことが、のちのちのトラブルを考えると無難といえます

 

 

孤独死の中でも自然死や病死などで告知義務がない場合でも、売却の経緯として不動産会社に伝えた方が無難でしょう。

 

 

買い主に伝えるべきか、どのタイミングで伝えたらよいかなど、不動産売却のプロに相談してみてください。

 

 

家が売れるまでには、相談したいことが色々出てくるものです。

 

 

距離感があると、聞きたいことも聞けませんね。

 

 

ご自身と相性の合う、きちんとアドバイスをくれる、「この人になら任せられる」と思える、信頼できる営業マンを選ぶことが大切です。

 

 

訪問査定直接話が聞けるチャンスですので、分からないことがあれば、営業担当の方にいろいろ質問してみて下さい。

 

 

 

 

家を高く売るコツ家の売却の流れ7STEPほか、こちらを参考にして下さい。


家を高く売りたい!

今の家の価値はどれくらい?まずは適正価格を知ることから!

>>>60秒カンタン無料査定はこちら!