病死の告知義務は?家を売る時の注意点

病死の告知義務は?家 売却時の注意点! 

 

病死,告知義務,家,売却,心理的瑕疵

家族が病死で亡くなり、住んでいた家を売ることになった場合、買主への告知義務はあるのでしょうか。

 

 

「人の死」に関する考えは難しいものですが、病死自然死については、通常、告知義務はありません。

 

 

一般論としては、病死事故物件扱いにはならないケースが多く心理的瑕疵に該当しないと考えられるからです。

 

 

ただし、死に関し、不自然な点が見受けられるケース、自殺や他殺が考えられる場合は、事故物件(心理的瑕疵物件)として扱われる可能性もあります。

 

 

参考ページ:事故物件(心理的瑕疵物件)の売却 相場

 

 

 

 

 

通常告知義務のない病死や自然死であっても、買主次第では、のちのち「知っていたら買わなかった」としてトラブルになる可能性があります。

 

 

ここが「人の死への考え方」に関する難しいところです。

 

 

トラブル回避のためには、隠さず、売買契約に至る前に伝えておいた方が無難といえるでしょう。

 

 

 

病死は一般的には問題とはなりませんが、死後数日経って発見された場合などは、孤独死とも考えられます。

 

 

孤独死については、捉え方の定義があいまいなため、告知義務についての考え方は分かれるところです。

 

 

家を購入する人にとっては、やはり事前に知りたい情報ですので、伝えておく方が無難です。

 

 

参考ページ:孤独死のあった家の売却 告知義務は?

 

 

 

いずれにせよ、不動産会社の方には、売却の経緯として話したほうがよいでしょう。

 

 

こういったケースは決して少なくありません。

 

 

買い主に伝えるべきか、どのタイミングで伝えたらよいか、など相談してみてください。

 

 

家が売れるまでには、相談したいことが色々出てくるものです。

 

 

距離感があると、聞きたいことも聞けませんね。

 

 

ご自身と相性の合う、きちんとアドバイスをくれる、「この人になら任せられる」と思える、信頼できる営業マンを選ぶことが大切です。

 

 

訪問査定直接話が聞けるチャンスですので、分からないことがあれば、営業担当の方にいろいろ質問してみて下さい。

 

 

 

家を高く売るコツ家の売却の流れ7STEPほか、こちらを参考にして下さい。