家の売却チャンスはどのタイミング?家の売値の決め方は?

家の売却チャンスはいつ?家の売値の決め方は?

家,売却,一括査定,査定,タイミング

 

家の売却チャンスというのは何度かやってきます。

 

売却相手は一組しかいませんので、
頭を悩ませるかもしれません。

 

果たして、売りどきはいつなのか、考えてみましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

家の売却依頼を受けると、物件の情報は、多くの場合、
レインズ(REINS)という指定流通機構が運営している
コンピュータ・ネットワーク・システムに登録されます。

 

 

登録された物件エリアで営業する多くの不動産業者が
その情報を得て、自社の家の購入を考えているお客様に紹介します。

 

 

レインズに家が登録されたすぐは、
その情報は新鮮です。

 

 

各不動産会社はそれぞれのお客様に
「新しい物件が出ましたよ」と紹介しやすいタイミング、といえます。

 

 

時間が経過すると、情報の鮮度は失われますので
家の売り出し直後が、一番家の売却機会が多いといえるのではないでしょうか。

 

 

家が売りだして直ぐに内見者が見に来て売却できなければ
その後は不動産会社のHPや広告などを使って
営業努力をしてもらうことになります。

 

 

その後は、タイミングよく、
条件の合う購入希望者が現れるのを待つ
ということになるかもしれません。

 

 

思いのほかあまりに早く購入の申し込みを受けたとき

 

「家に売値を安くつけすぎたのかも」
「もっと良い条件で家が売れるかもしれない」
と期待してしまいがちです。

 

 

しかし、適正相場で売りに出している場合は、
単に「早過ぎる」という理由だけで申し込みを断ることはやめましょう。

 

 

家の売値設定は、担当者としっかり相談し
購入希望者と交渉の場を持つかどうかを考えましょう。

 

 

早めに家を売却したい場合

 

当初の「売り出し価格」は、他の物件と比較したときの
割安感を感じてもらう必要があります。

 

 

最低いくら、という金額設定、家の売値設定をしっかりしておき
その金額、価格に近い「売出価格」を設定することが
早期売却への近道です。

 

 

早期に家を売却したい理由を買主に明確に伝えることで
買主側に価格に対する割安感を持ってもらいやすくなります。

 

 

そうすることで指値交渉の幅を抑えられる可能性はあります。

 

 

何よりも「家が売れるタイミング」を逃さないことが大切です。

 

 

最初にしっかり家の適正相場を把握し
担当者とじっくり相談して家の売り出し価格をきめることが大事です。

 

 

 

>>>不動産売買契約の流れ

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


関連ページ

内覧(内覧)対策