古家付き土地or更地(家を解体撤去して売却)売りやすいのは?

古家付き土地or更地売りやすいのは?「更地渡し」or「現況渡し」

 

「古家付き売り地」「売地(古屋あり)」「上物付きの土地」と表現されることもあります。

 

 

 

家,売却,古家,更地,解体,査定

古家付きの土地を売却する際には
  • 古家を残したままそのまま売る
  • 古家を解体して更地にして売る

どちらがよいか、悩まれる方は多いと思います。

 

 

もちろん、「現況渡し」として、古家を残し、現況のままで売却することは可能です。

 

 

古家自体には価値はほぼありませんが、古家を好んで買われる方も実際多くいらっしゃいます。

 

 

古家付きで売却、買い主に渡ってから更地にする、というケースでは、家が建っている状況で土地を売ることにより、更地の場合よりも家を建てたときのイメージがしやすい、というメリットがあります。

 

 

日当たり、風通しなどというものは、隣の家との関わりがありますので、やはり建物がある方が確認しやすいのです。

 

 

古家を解体し更地にするには、解体費用もかかります。

 

 

ここはやはり、地域の市場のニーズに詳しい不動産屋さんに相談するというのが無難かもしれません。

 

 

 

 

明らかに更地にしたほうが良いと思われる場合

 

 

古家付の土地を売却しようとした場合、家を解体して更地にしておいたほうが、売りやすい場合もあります。

 

 

購入者が購入後に新居を建てるのであれば、最初から更地になっていた方がすぐに家を建てることができますし、解体費用や撤去費用がかからないので金銭面で楽だからです。

 

 

では、更地で売ったほうが売りやすいし、すぐに家を新築できるのだから、売ることを決めたらすぐに古家を取り壊し更地にすればよいのでは・・・と思われるかもしれませんが、実はここで固定資産税の問題が出てきます。

 

 

住宅が建っている土地の固定資産税と、更地のときの固定資産税は異なり、更地にした方が税金の負担が大きくなるのです。

 

 

一般的に建物が建っている場合は、更地のときの評価額を6分の1に軽減することが定められています。

 

 

現在、日本では空き家問題が取り沙汰されていますが、誰も住む人のいない古家が解体されないまま、多くはそのまま残されているのはそのためでしょう。

 

 

更地にして売りだした土地がすぐに売れれば問題ありませんが、売れるまでに時間がかかった場合が大変ですね。

 

 

固定資産税が何倍にもなってしまうのです。

 

 

なるべく出費はおさえ、賢く売りたいと考えるのが普通でしょう。

 

 

それを考えると、古家付きで売りに出し、購入者が決まったところで古家を解体するという売り方も考えたほうが良いかもしれません。

 

 

  • 売買契約完了後、売主が古家を解体した後の引き渡し
  • 引き渡し後、買主が古家を解体する

 

 

どちらかの選択肢になるかと思いますが、買い主は、古家解体費用がかかるので、それを材料に値下げ交渉をしてくる可能性は大きいです。

 

 

  • 古家解体費用はどちらがもつか
  • 古家解体費用を含めた販売価格か
  • 古家解体費用は別途精算するか

 

など、きっちりと方向性を決めておきましょう。

 

 

条件を踏まえたうえでの売り出し価格の決定になるので、売却を依頼する不動産会社の担当者と、よく相談してください。

 

 

親身に相談にのってくれ、古家の売却について良い提案をしてくれる不動産会社に任せることが重要です。

 

 

古家の売却にも事情は色々あり、空き家となっているケースもあるのではないでしょうか。

 

 

参考

 

 

 

不動産の売却は需要があってのことですので、場所や事情によっては売りにくいケースも出てきます。

 

 

何年も家が売れないということのないよう、しっかりと親身になって対応してくれる、売却に力を注いでくれる不動産会社、営業マンを選びましょう。

 

 

 

古家の解体工事をする場合

 

「更地渡し」が契約条件となっているときには、必ず古家の解体工事が必要になります。

家,売却,古家,更地,解体,査定

 

 

現在古家に居住中であれば、逆算して、早めに引越しをしなければなりません。

 

 

ただし、契約に「融資利用の特約」が付いている場合には、それが確定して白紙解除の可能性がなくなってから、引越しや解体工事を行なうようにしましょう。

 

 

「更地渡し」の場合には、単に古家を解体するだけではなく、引き渡し日までに古家解体で出た廃材を撤去したうえで更地に整地をすることが原則です。

 

 

天候により古家の解体作業、更地整地作業が遅れる場合も考え、ゆとりのある日程で段取りを組みましょう。

 

 

参考:家の解体費用はどれくらいかかる?費用相場は?

 

 

 

「融資利用の特約」とは

 

「融資利用の特約」は、「ローン条項」「ローン特約」ともいわれます。

 

 

家,売却,古家,更地,解体,査定

数千万円の家を現金で購入できる人はそれほど多くはありません。

多くの方はローンを利用します。

 

 

「融資利用の特約」とは、もしローンの審査に通らず融資を受けれない場合は契約を白紙解除するというものです。

 

 

一般の不動産売買において、この特約をつけることは通例になっています。

 

 

契約に住宅ローン特約を付けたいと言われれば、応じざるを得ないでしょう。

 

 

 

不動産を高く売るコツ!売却査定で失敗しないための注意点!

 

 

家,売却,古家,更地,解体,査定不動産を売る際は、不動産会社選び仲介業者選び)は非常に重要です。

 

 

最初から仲介業者を決めるのではなく、必ず、複数の不動産会社を比較しましょう。

 

 

査定額は不動産会社によってばらつきがありますので、必ず一社ではなく、複数の会社に査定してもらいましょう。

 

 

一社のみの査定だと、それが適正価格かどうかは分からないからです。

 

 

売り出し価格をいくらにするかは、売り主さんご自身で決めることになります。

 

 

「査定額」は、過去の取引事例、近隣の特性などを踏まえて、3ヶ月あればこれくらいの価格で売れるでしょう、という価格をはじき出してもらうものです。

 

 

査定額で売れる保証はありませんし、買取でない限りは、査定を行った不動産会社が、買いとってくれるわけではありません。

 

 

  • 不動産を売却することが決まっている
  • 査定額次第では売却を検討する
  • 今すぐではないけれどいずれは売却する

 

 

いずれの場合も、複数の会社に査定をしてもらい、今の不動産の適正価格を把握することから始めて下さい

 

 

 

 

しかし、たくさんある不動産会社の中からどの会社に査定を依頼すればよいか、仲介業者の候補選びは難しいですね。

 

 

売却を決めている方にも売却を検討中の方にも、とてもおすすめできる便利なサービスがあります。

 

 

 

家,売却,古家,更地,解体,査定

それは不動産一括査定(無料査定)です。

 

 

 

不動産一括査定は、PC、スマホなど、ネットで物件所在地、広さ、間取り、築年数などの必要事項を入力すると、だいたいの査定額を教えてもらえる、というものです。

 

 

不動産一括査定運営会社の独自の審査に通過した不動産会社しか登録できませんので、安心してご利用頂けます。

 

 

不動産一括査定では、地域に対応した、「売却」に強い不動産会社が自動で抽出されますので、その中から査定をしてもらいたい会社を何社か選択する、というシステムです。

 

 

机上査定(おおまかな査定価格)と訪問査定(おうち訪問による精度の高い査定価格)を選べますので、状況に応じて選択して下さい。

 

 

 

おすすめの不動産一括査定サイト(無料査定)

 

 

運営会社の信頼性地域対応不動産会社個人情報取扱いに関する安心感などを考慮した上でのおすすめの不動産一括査定サイト無料査定)をご紹介します。

 

それぞれに特徴があり、サイトにより登録不動産会社に違いがあります。お好みのサイトをご利用下さい。

 

 

 

 すまいValue(すまいバリュー)

 

家,売却,古家,更地,解体,査定

すまいValueは、下記大手6社直営

 

三井のリハウス東急リバブル三井地所ハウスネット小田急不動産野村の仲介+住友不動産販売

 

不動産仲介の多くを手がける6社です。

7割近くの方が6社いずれかに売却相談!

※調査対象:過去3年 首都圏

 

 

不動産流通大手6社への一括査定!

 

豊富な実績から様々な売却に対応できます。

 

1年間 36万組以上の購入問い合わせの多さが大きな魅力!

 

※首都圏、大都市圏に特におすすめです。

 

参考:すまいValue(すまいバリュー) 不動産売却査定について

 

家,売却,古家,更地,解体,査定

 

 

 

HOME4U

 

家,売却,古家,更地,解体,査定

HOME4Uの運営会社はNTTデータグループのNTTデータスマートソーシング

 

プライバシーマーク取得企業

 

情報保護・管理をしてくれるので、安心です。

 

運営歴は信頼の16年! 

 

売却査定数 累計20万件突破!最大6社に査定依頼可能!

 

登録会社は大手不動産会社から地場企業まで、厳選された計900社

 

 

参考:HOME4U(ホームフォーユー) 不動産売却査定について

 

家,売却,古家,更地,解体,査定

 

 

 

 

スマイスター

 

家,売却,古家,更地,解体,査定

スマイスターの運営会社は株式会社シースタイル

 

プライバシーマーク取得企業

 

情報保護・管理をしてくれるので、安心です。

 

運営歴は10年以上! サイト利用 350万人突破!最大6社に査定依頼可能!

 

登録会社数 全国1200社以上!

 

大手不動産会社から地場に根付いた地域密着型の不動産会社まで査定対応が可能。

 

東京、大阪、福岡に本社があり、そのエリアでは特に登録不動産会社が多く、選択肢が豊富です。

 

 

参考:スマイスター 不動産売却査定について

 

家,売却,古家,更地,解体,査定

 

 

 

 イエウール

 

家,売却,古家,更地,解体,査定

イエウールの運営会社は株式会社Speee

 

サイト利用 450万人突破、登録会社数 全国1200社以上!

 

登録不動産会社が多いので選択肢が多いです。

 

最大6社に査定依頼可能!(お断り代行サービスあり)

 

 

参考:イエウール 不動産売却査定について

 

家,売却,古家,更地,解体,査定

 

 

 

 イエイ

 

家,売却,古家,更地,解体,査定

イエイの運営会社はセカイエ株式会社

 

サイト利用 300万人突破!登録会社数 全国1000社以上!

 

登録不動産会社が多いので選択肢が多いです。

 

最大6社に査定依頼可能!(お断り代行サービスあり)

 

 

参考:イエイ 不動産売却査定について

 

家,売却,古家,更地,解体,査定

 

 

 

不動産売却を検討している場合は、まずは売却相場、今の価値を把握することから始めて下さい。

家を高く売りたい!

今の家の価値はどれくらい?まずは適正価格を知ることから!

>>>60秒カンタン無料査定はこちら!