仲介と買取、どちらを選ぶ?特徴、メリット、デメリットを知ろう!

仲介と買取、どちらを選ぶ?特徴、メリット、デメリットを知ろう!

 

不動産会社を媒介しての家の売却方法は仲介買取の2種類があります。

 

 

「仲介」

 

 

仲介とは不動産会社が売主と買主、両者の媒(なかだち)となり、売買契約を成立させるもの方法です。

 

 

広告や独自のネットワークを使って、不動産会社が購入者を探してくれます。

 

 

売買契約が成立すると、国土交通省が規定する範囲内の仲介手数料が必要になります。

 

 

「買取」

 

 

買取は、不動産会社が直接、売主さんから家を買い取るものです。

 

 

不動産会社による買取の場合は、購入者を探す必要がないので、早期売却できるメリットがあります。

 

 

直接売買なので(仲介していないので)、仲介手数料は必要ありません

 

 

ただし、買取りの場合は、仲介より売却価格が下がるというデメリットがあります

 

 

事情があって早く現金化したいために、売却を急ぐ人が利用されることが多いです。

 

 

どちらも不動産会社に依頼して家を売却する方法ですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

 

売主の状況や目的に応じてどちらかに決めて、家の売却を依頼することになります。

 

 

買取は仲介よりどうして売却価格が安いの?

 

 

家,売却,買取,仲介,査定

「仲介」の場合の不動産会社の利益は仲介手数料です。

 

 

「買取」の場合は、仲介手数料はないため、この地点で不動産会社の利益はありません。

 

 

不動産会社は買い取りをしたあと、必要に応じてハウスクリーニングやリフォームを行った上で買主を探すのです。

 

 

売却した金額から、家の購入費用やリフォーム費用などを差し引いた額が利益になります。

 

 

かかった費用だけでなく、付加価値をつけて売るので、その分不動産会社の利益は大きくなります。

 

 

不動産会社の利益を出すために、買取価格は安く設定されるのです。

 

 

※家に対する責任は不動産会社に移るため、不動産会社はリスクを負うことになります。

 

 

 

仲介と買取のメリット・デメリット

 

 

仲介

 

仲介のメリット
  • 売却価格が買取に比べ高い

 

仲介のデメリット
  • 買主を探さなくてはならない。時間がかかったり、見つからないこともある。
  • 仲介手数料がかかる

 

 

買取

 

買取のメリット
  • 買主を探す必要がないので早く売却できる
  • 売却価格が早期に分かる。
  • 仲介手数料がかからない。
  • 仲介で成約が難しい特殊な土地や建物でも売却できる場合もある
  • 広告を出さないため、人に知られずに売却ができる
  • 購入者探しのための内覧が不要
  • 売却後の瑕疵担保責任が発生しない

 

買取のデメリット
  • 売却価格が仲介より安い

 

 

「仲介」と「買取」どちらにしたらいいの?

 

 

「仲介」と「買取」どちらがよいか、それは、売主さんの事情によるところです。

 

 

いろんな要素の中で、売却価格、売却時間、どちらかに重きをおく場合は、簡単に考えると

 

 仲介は 「高く売ることができるが、時間がかかる」

 

 買取は 「早く売ることができるが、売却価格は安くなる」

 

ということになります。

 

 

優先条件を考えると

 

  高く売りたい場合は仲介

 

  早く売りたい場合は買取

 

となります。

 

 

時間に余裕があれば、はじめは仲介、なかなか売れないようであれば買取、という選択もあります。

 

 

高く売りたいときは、時間に余裕を持って家の売却を行いましょう。

 

 

買取の場合、買取保証と即時買取、適している方は?

 

不動産会社の買取によって、家を売却する場合は、大きくは2種類の売却方法、「買取保証」と「即時買取」があります。それぞれ、どのようなものでしょうか。

 

 

買取保証

 

買取保証とは、市場で一定期間、家の売却活動をしたが成約に至らない場合、事前に約束した価格で、不動産会社が買い取る方法です。

 

家の売却期間に少し余裕がある方向きの売却方法です。

 

 

即時買取

 

即時買取とは、市場への家の売却活動は一切せず、不動産会社が買い取る方法です。

 

 

すぐに家を売る必要がある方向き売却方法です。

 

 

家の売却価格は、買取保証よりも安くなる場合が多いです。

 

 

買取によって家を売却する場合の流れ

 

家,売却,買取,仲介,査定

大きくは以下のような流れになります。

 

  1. 家の査定を複数の不動産会社に依頼する
  2.  

  3. 依頼した不動産会社から家の買取価格を提示してもらう
  4.  

  5. 家の売却先、買取業者を決める
  6.  

  7. 家の売却スケジュールの打ち合せをする
  8.  

  9. 家の売買契約を結ぶ
  10.  

  11. 残金決済・引渡し

 

 

このように、仲介よりもかなり早期に家の売却ができます

 

 

 

以上が、仲介と買取りについての説明でした。

 

 

 

不明な点がある場合は、ご自身の要望をきちんと伝え、不動産会社の人にしっかりと相談してください。

 

 

 

家を売る時の注意点、不動産査定については、こちらを参考にして下さい。

 

 

家を高く売りたい!

今の家の価値はどれくらい?不動産売却を検討中なら、まずは適正価格を知ることから!

>>>60秒カンタン入力!査定価格の比較ができる一括査定がとても便利!