住宅ローンが残っている家を売る 残債はどうすればいいの?

住宅ローンが残っている家を売却する 残債はどうすればいいの?

 

住宅,ローン,家,売却,残債

家を売りたいけれど住宅ローンが残っている、というケースは非常に多いです。

 

 

住宅ローンの残債があっても家は売却できるのでしょうか?

 

 

これについては、住宅ローンを完済すれば家は売却することができます。

 

 

住宅ローンが残っていても家を売却できるかどうかは、住宅ローンの残債を返済しきれるかどうか(売却時に完済できるか)がポイントになります。

 

 

まず確認するべきことは、住宅ローンの残債と家の売却相場です。

 

 

ローン残債があると家は売れません。

 

 

抵当権を抹消することが必要だからです。

 

 

 

家の売却価格がローン残債より高い

 

家の売却価格がローン残債より高い場合は、家は問題なく売却できます。

 

 

 

ローン残債が家の売却価格を上回る

 

ローン残債が家の売却価格を上回る、つまり、売却価格がローン残債に届かない場合は

 

抵当権を抹消するために、

  • 足りない分を自己資金として用意する
  • 新たに無担保ローンを組む

などして、資金を捻出する必要があります。

 

 

 

ローン残債も新規のローンに上乗せできます

 

必ずしもローン残債よりも高く家が売却できるとは限りませんが、ローン残債も新規のローンに上乗せすることができます。

 

 

 

買い換えで売却する場合

 

 

自己資金がある場合

 

 

ローン残債が2000万円の家を1500万円で売却できた場合、ローンの完済には500万円足りません。

 

 

この場合、500万円もの金額を自己資金で賄う必要があります。

 

 

そうなると、新居の頭金が減ってしまいます。

 

 

買い換えの場合は、売却額がローン残債を下回ることを想定した上で、今後の新居のための資金計画を立てる必要があります。

 

 

 

自己資金がない場合

 

 

自己資金を足してもローンの完済ができない場合は買い替えは無理なのでしょうか?

 

 

この場合は、買い換えローンを利用する方法があります。

 

 

買い換えローンとは、今の住宅ローンの残債分を、新居のローンに上乗せできるというものです。

 

 

ただし、借入額が増えるため、審査も厳しくなります。

 

 

もし融資が認められる場合でも、無理なく返済できる金額であるか、慎重に検討してください。

 

 

 

 

 

>>>不動産一括査定で家の適正相場を知ろう

 

 

家を高く売りたい!

今の家の価値はどれくらい?まずは適正価格を知ることから!

>>>60秒カンタン無料査定はこちら!