空き家 売却 | 親と同居のために空き家になった実家を売却する

親と同居のために空き家になった実家を売却する

空き家,実家売却,家,査定

 

親が高齢になると、子ども世代と同居する、または、子ども世帯の近くに近居、というケースも増えています。

 

 

そうなると実家は空き家になります。

 

 

空き家は持っているだけでも税金がかかりますし、管理が必要になります。

 

 

所有している不動産を、遺産として残すばかりが子どものためになるわけではありません。

 

 

もし今後、認知症など、自分一人では抱えきれない状況になると、介護する側も疲れ果ててしまいます。

 

 

将来的にやむを得ず対応できる施設に入所、介護付き高齢者住宅に入居、という場合も出てくるでしょう。

 

 

十分なケアを受けようとすると、介護保険では賄いきれません。

 

 

親が健康な場合でも、同居はお互いに気を遣うものです。

 

 

兄弟がいる場合、だれが同居するか、面倒をみるかだけでなく、お金の問題が出てきます。

 

 

同居する上にお金もかかり、兄弟間でぎくしゃくするケースが大変多いです。

 

 

まして、介護が必要な場合は、心身ともに大変な負担がかかることになります。

 

 

せめてお金の負担がなければ、それだけでも随分助かります。

 

 

親と同居のために実家が空き家になった場合は、早目に売却も検討しましょう。

 

 

 

>>>空き家の売却 査定会社の選び方は?

 

 

 

家を高く売りたい!

今の家の価値はどれくらい?不動産売却を検討中なら、まずは適正価格を知ることから!

>>>60秒カンタン入力!査定価格の比較ができる一括査定がとても便利!